MENU

賃貸物件と無職

 

賃貸物件は安定した収入があり、職業も安定している人など入居にあたっては条件が色々とあると思います。無職の人や職業が安定していないようなフリーターでも賃貸物件を借り入れることができるのでしょうか?無職の人でも絶対に借りることができないということはないのですが、やはり無職であるということはかなり賃貸物件を選べる範囲が狭まりますし、かなり難航すると思います。いろいろと条件があるかもしれませんが自分の住むところに対しての条件はほとんど却下されて審査に通らないのが普通だと思ってもらった方がいいと思います。言い換えてみれば無職の人は賃貸で審査が通りそうな所を選ぶのが一番だということです。
不動産会社によっては無職の人への賃貸物件の紹介を嫌がるところもたくさんあります。ですから無職の人は、まず不動産会社で無職でも親身になって探してくれる会社や、無職でも貸してくれそうな物件を持っているところを探すことから始まります。
不動産会社もやはり無職の人を紹介して、あとで支払い能力がなかったとかトラブルになることを恐れていますから、かなり貸し渋る可能性があります。無職で賃貸物件を探すということはかなり難しいということを覚えておきましょう。場合によっては本人で借りることができず、親名義で賃貸契約をするというケースになる可能性も高いと思います。学生マンションの場合には無職でも契約できると思いますが一般の賃貸物件の場合には難しいでしょう。

 

中古マンション

マンションを購入する場合、新築マンションだけでなく、中古マンションという選択もあります。中古マンションの1番のメリットは新築マンションに比べて、金額が安いことです。内装のリフォームをする場合はかなり費用がかかりますが、個々の必要性に応じてになります。ただし、築年数の古い建物になると管理費や修繕費が高くなる場合もありますので、中古マンションを購入する場合は修繕予定などの確認もしておくと良いでしょう。
また、新築マンションでは購入前に建物や部屋などを見ることはできませんが、中古マンションであれば購入前に建物の外部内部等の確認が出来ますし、共用設備の管理の状況や生活環境、また、どんな人が住んでいるかなども知ることが出来るので安心です。中古マンションは金額は安いですが、ローン返済の期間は新築マンションに比べて短く設定されていますので、月々の支払い金額が多くなる可能性があります。
また、マンションの状態によってはあまり長く住めない場合もありますので、しっかりと下調べをすると良いでしょう。ローン返済中に住めなくなってしまったというようなことがないよう、中古マンション購入の際は、金額とマンションの状態を充分に考慮すべきでしょう。

 

タイトル マンション購入時の出費
マンションは広告などに出ている販売価格だけでは購入できません。マンションの購入には、物件自体の金額だけではなく消費税や、広告などに提示されている金額とは別に契約書の印紙税、不動産取得税、登録免許税がかかってきます。また、マンションを所有することで毎年固定資産税を払う必要がありますし、ローンでマンションを購入する場合には金利がついてきます。
30年ローン、40年ローンなど、ローンの組み方は自由ですが、ローン方法によって金利は変ってきます。購入の契約時に必要となる印紙税はマンションの価格によって変ります、物件の価格が高くなるほど印紙税も高くなります。不動産取得税はマンション購入後、届く納税通知書に基づいて支払うべき県税になります。

不動産屋さんで物件探し

賃貸物件の検索はネット上で、希望の条件別に簡単にできますが、ネットの情報には公開されていない物件もあります。最新の物件や、不動産屋さんに直接行かないと教えてくれない物件です。そのため、ネット上にも多数おすすめ物件、条件の良い賃貸物件がありますが、どのような物件があるか、賃貸料金の相場はどれ位かなど、リサーチの意味で検索をし、最終的な判断は不動産屋さんでするのが理想的です。
急ぎで部屋を探している場合でも、できれば部屋の見学はした方が良いでしょう。また、勿論、不動産屋さんでも色々と情報や賃貸物件は提示してくれますが、なんとなく流されて部屋を決めるのではなく、大まかにでも各地域や条件でのおおよその相場など確認しておけば、自分でも納得がいく部屋探しができます。
角部屋が良い、南向きが良い、駅から5分以内、バス・トイレ別など、どうしても譲れない条件を自分で明確にしておくと、多数ある賃貸物件の中でも探しやすいですし、不動産屋さんとのやり取りもスムーズになり、希望の賃貸物件に出会える可能性も高くなります。住めば都とは言いますが、やはり毎日帰る場所ですから、妥協しなければならない条件があるとしても、少しでも自分に理想に近い物件を探したいものです。